文字に見る品格

知っておけば恥をかかないマナー

普通に暮らしているとあまり気がつかないことが多いのですが、世の中には様々なマナーが存在します。
知らずにマナー違反を繰り返していれば周囲に「迷惑な人」と思われてしまいます。
マナーとは、見ている人を不愉快にさせない所作のことなので、堅苦しく考えずにエチケットを守るだけでも十分といえます。
例えば、結婚式に招待されたときの出欠ハガキやご祝儀袋の表書きの書き方、お葬式の時の香典の供え方、挨拶の仕方などを知らずに適当にしてしまうと、冠婚葬祭の儀礼を大切にしている日本では「常識がない人」となってしまいます。
普段から身につけておけば失敗はないですが、今はインターネットサイトにも多くのマナーサイトが存在するので、迷った時は知らないままにしておかずに調べてみるとよいでしょう。
食事のマナーなどは高級レストランに行った時だけでなく、日頃から食事をする時に気をつけていれば自然と身についていきます。
仕事をしている人であれば、全ての場所の上座の位置を知っておけば、上司と一緒になった時に自分がどこにいれば間違いないのかがわかるはずです。
マナーを身につけるということは、咄嗟の時に恥をかかずに行動できるということなのかもしれません。

おすすめ情報

Copyright 2017 文字に見る品格 All Rights Reserved.