文字に見る品格

名刺交換の方法

ビジネスマナーの中でも社会人になるまで実際に行うことがないのが、名刺交換ではないでしょうか。
会社から自分の名刺を渡されて社会人になったという自覚を持ったという人もいるでしょう。
その名刺交換にも大事なマナーがあります。
知らずにいると、取引先などで恥をかくため、きちんとマスターしておきましょう。
まず、約束した相手と会う前に名刺入れを手元に置いておきます。
目下の者もしくは訪問者が先に名乗りながら名刺を差し出すのが正しい順序です。
名刺は相手に対して正面に向け、片手でもち、片手を添えるようにしましょう。
お互いに名刺を差し出している場合、右手で出し、左手で受け取ります。
受け取った名刺はすぐに右手を沿え、「頂戴いたします。よろしくお願いします。」と挨拶しましょう。
この時、相手の下の名前の読み方などがわからない時は、「何とお読みすればよいのでしょうか?」と訪ねても失礼に当たりません。
頂いた名刺はすぐにしまわずに商談中や打ち合わせ中は机の上など見えるところに置くようにしましょう。
名刺を受け取った時に相手の名前や会社のロゴに指を置いたり、話をしながらいじったりするのはマナー違反です。
複数同士で名刺交換する場合や名刺を切らせているときの対応なども頭に入れておくと良いでしょう。

Copyright 2017 文字に見る品格 All Rights Reserved.