文字に見る品格

文書に必要なエチケット

最近はメールなどの電子文書が主流になっていますが、どんな文書にもマナーやエチケットが存在します。
特に打ってすぐに送れる電子文書が元でトラブルになったという話も少なくありません。
電子文書の場合、書いてから相手の立場になって読み直す暇もなく送信してしまうため、ミスやトラブルに発展することがあるのです。
そのため、打ち込んだ文書を送る前に必ずチェックすることが必要といえます。
また、ビジネス文書には敬語の使い方も必要ですし、宛名にも御中や様の使い分けが必要になります。
見積書や請求書、発注書、納品書などビジネスシーンでは様々な文書を取り扱いますが、内容だけでなく、宛先、発行者、タイトル、あいさつ文など、文書には定型ともいえる形があるので間違った形式を使わないようにしましょう。
ビジネス関連でなくても、それほど親しくない相手や子供の学校や幼稚園の連絡などでメールを使用するときに絵文字を多用するのはタブーです。
また、絵文字は親しい間柄でも相手によっては自分が伝えたかったことと違う受け取り方をされてしまうこともあるので、気をつけましょう。
文書というのは残るものなので、相手が不快に思う表現などを使わないというのが最低限のエチケットといえます。

おすすめ情報

Copyright 2017 文字に見る品格 All Rights Reserved.