文字に見る品格

お祝いに気をつけること

一般的にマナーで気をつけたいのはお祝いの時です。
いくら親しい友人だからとふざけすぎてしまえば、相手を祝う気持ちが伝わらずに嫌な気分にさせてしまいますし、せっかくのお祝いに水を差すことになってしまいます。
お祝い金を贈る場合は、年代や相手との関係などでだいたいの平均額が決まっているので、それを参考にするとよいでしょう。
ご祝儀袋の選び方や表書きの書き方も、きちんと形式どおりにするようにしましょう。
品物を贈る場合は、相手が希望しない限りはタブーとされている物を避け、そのお祝いに相応しい物を選びましょう。
タブーは、新築祝いには火をイメージするもの、結婚祝いには切れるものといったように祝い事によって違うので注意が必要です。
また、披露宴などに招待されている時はお祝いを渡す時が決まっているので迷いませんが、招待されていても出席できないときや披露宴などを行わない場合は相手の都合を聞いて直接渡しに行きます。
お祝いで迷った時は、インターネットサイトなどに金額の目安や品物の選び方を教えてくれるものも多いので参考にできます。
デパートの贈答品売場などで働く人はそういったマナーも心得ているので、品物を選ぶ時に相談しても良いでしょう。

Copyright 2017 文字に見る品格 All Rights Reserved.