文字に見る品格

気配り上手になる

よく「この人といると気を使わなくていい」「居心地がいい」と言われる人がいますが、その多くがさりげない気配りが上手な人なのではないでしょうか。
気配りとは相手のしてもらいたいと思うことをさりげなく先にしてあげることです。
相手に不愉快な思いをさせないというのがマナーの大前提なので、気配り上手というのはマナーが身についていない人でなければならないのです。
例えば敬語を正しく使える、相手の話を真摯に聞く、悪口や愚痴ばかり話さない、といったことがマナーで、気配りは相手のことをよく見て考え、相手の望んでいることを要求される前に行動することなので、両方を兼ね備えている必要があるのです。
仕事においても、納期を守る、書類の向きは相手に正面を向ける、電話は相手の聞きやすさを考慮して話す、といったことはマナーとして守るべきことですが、実際には出来ていない人が少なくありません。
相手への気配りを考えて行動できる人は、相手に与える印象がよいため、仕事ができる人や人気がある人が多いといえます。
ただ、やりすぎてしまうと好印象どころか、お節介というイメージを植えつけてしまうこともあります。
目立たず、さりげなく、ほどほどの気配りというのが一番なのかもしれません。

おすすめ情報

Copyright 2017 文字に見る品格 All Rights Reserved.