文字に見る品格

式典におけるご祝儀の決まりごと

式典は色々ありますが、とりわけ結婚式におけるご祝儀のマナーに関し、あれこれと気になっている人もいるのではないでしょうか。
まず封筒の水引ですが、結婚祝いの場合は10本のものを使用し、右肩部分にのしが付いている封筒を選択するのが適切です。
結び方をどうすればいいのか疑問に感じている人もいるでしょうが、いったん結ぶとほどけてしまうことのない結びきりが好ましいでしょう。
また、ご祝儀袋に関しては、包む金額に応じて変えたほうが良く、額が大きいほど格の高い封筒をチョイスするのがおすすめです。
なお、寿やお祝いの文字の下、水引の下にはフルネームを毛筆を使用して記入します。
次に封筒の裏面ですが、水引の掛けかたに気をつけなくてはいけません。
裏面は外側に出ている部分が上に向いている状態になるよう折り返すのがマナーです。
また、中包みに関してですが、表側に金額を漢数字で記入し、裏側に氏名、郵便番号、住所を楷書で記入するのが正しい書き方です。
その他、よりマナーとしての美しさにこだわるのであれば、祝儀袋をふくさに包んで会場に持参しましょう。
なお、ふくさは結婚式の場合は右開きのものを使用するのがマナーであり、左開きだとお悔やみごとで使用するものですので、絶対に間違ってはいけません。

Copyright 2017 文字に見る品格 All Rights Reserved.