文字に見る品格

正しい名刺交換の方法

ビジネスシーンにおいて、かなり多く経験するのが挨拶である名刺交換です。
この名刺交換にはマナーがあり、しっかりとできていないと社会人としての常識が疑われてしまいます。
これが正しくできていないと相手に対し失礼にあたり、自分自身や会社の評価を下げるだけでなく、決まる商談が決まらなかったりと、いいことは何一つありません。
ここでは基本的な名刺交換のしかたを解説しますので、参考にして実践してください。
まず、名刺交換を行う順番ですが、訪問する側、される側では前者が先に名刺を渡し、さらに渡す側の目上の人と目下の人では、目上の人から順番に名刺を渡すのがマナーです。
また、渡す際には受け取る側の誰から渡してもいいということではなく、先に相手側の目上の人と名刺交換を行い、次に目下の人と名刺交換を行うというのが常識となっています。
それから、名刺を差し出す際の行動も注意しなくてはいけません。
机を挟まず対面し、名刺の表を向けながら社名や部署名、氏名を名乗り差し出します。
受け取る場合は頂戴いたしますと話すのが一般的です。
それから、名刺を受け取ったあとは名刺入れの上に乗せた状態にしておいて、着席後に机上に置くのですが、この場合には相手から見て右側に置きます。

おすすめ情報

Copyright 2017 文字に見る品格 All Rights Reserved.