文字に見る品格

意外と知らないエレベーター内外の常識

エレベーターの中と外で守るべきマナーについてですが、まず最も基本的なこととして、会話や飲食は慎みましょう。
また、エレベーター内には上座と下座があり、操作盤が1個しかない場合は操作盤がある側の奥の壁側が上座、次いで上座の横、操作盤の横、そして下座は操作盤前となります。
一方、操作盤が2個付いているエレベーターでは、上座は内部に向かって左側奥、次いで右側奥、左側手前、右側手前となっています。
混雑している場合はこの通りになれないこともありますが、なるべく常識として守りたいところです。
その他、降りる際には操作盤を操作してくれた人に対し感謝の言葉をかけるとスマートでしょう。
また、エレベーターの外にいるときのマナーですが、待っているときは扉の前にいてはいけません。
降りる人が優先なのがエレベーターのマナーなのですが、扉の前にいると降りる人の妨げになってしまうからです。
それから、役職が上の人や来客者とエレベーターを待っているときには、相手が先であとから自分が乗るのがマナーです。
先に乗り込んでいる人がいなければ、自分が操作盤を使用し、行き先を聞いて操作を行います。
その他、自分が操作盤を扱う場合には、完全に人が乗ったり降りたりしたことを確認した上で閉じるボタンを押しましょう。

Copyright 2017 文字に見る品格 All Rights Reserved.