文字に見る品格

英語のマナー系資格

エチケットやマナーというのは日本特有のものではなく、海外にもあるものです。
日本人として当たり前に行っているようなことが、海外ではマナー違反にあたる場合もあります。
知らず知らずに相手に不快な思いをさせたり、迷惑をかけるだけでなく、自分の評価を下げてしまうのはもったいありません。
そのため、特に外資系企業で勤務するなど、英語を使って仕事をしたり、生活するにあたり、日本とはまた違ったマナーを習得したいと思っている人もいるのではないでしょうか。
その場合には、英語のマナー系資格の取得を目指してみてはいかがでしょうか。
日本で受験可能なものもありますので、チェックしてみると良いでしょう。
英語とマナーの両方を網羅している資格の中には、国籍、永別、年齢、学歴、職歴といった受験資格の制限がないものもありますし、学校に通う必要もなく、合格率もしっかりと準備をすれば決して厳しいものではない資格があるのです。
特に秘書系のスキルを高め、正しいマナーを習得するのに役立てられる資格がありますので、ビジネスで活かしたい人にはおすすめです。
英語だけでなくマナーを習得していれば、英語を扱う企業への就職や転職にも有利にはたらくことがありますので、チャレンジしてみる価値はあるでしょう。

おすすめ情報

Copyright 2017 文字に見る品格 All Rights Reserved.