文字に見る品格

場に即した服装

大人になって求められるのは、その場に即した服装をするということです。
それがたしなみであり、マナーと言われるものです。
たとえば、結婚式などでは、いつもよりも華やかな服装で祝いの気持ちを伝えるということがあります。
普段は着ないようなフォーマルドレスといわれるものを着たり、着物を着たりと、普段とは違うということが大切です。
つまり、日常ではなく、非日常の格好をすることで、ハレの日を祝うということです。
最近では、お洒落な普段着で出席をするという人もいるようですか、それでは失礼にあたる場合があります。
花嫁以上に着飾るというのは、花嫁よりも目立ってしまいますので、それは別の意味で失礼にあたるので避けるべきですが、だからといって普段着での出席というのは特別な日という趣旨からは逸脱してしまい、新郎新婦に対してだけではなく、両家に対しての失礼ととられてしまいます。
そのため、その場にそくした服装というのは相手の顔を立てるという意味でもとても大切なものとなります。
こういったものは、着る機会というのは本当に少ないので、効率的ではないという気持ちを持つ人もいると思います。
そのため、レンタルを使用するという人もいます。
自分の持ち物であろうが、レンタルの衣装であろうが関係ありません。
その場にふさわしい格好で出席をするということが大切なのです。
手持ちがない格好をしなくてはいけない時はレンタルを活用するのが良いと思います。

Copyright 2017 文字に見る品格 All Rights Reserved.