文字に見る品格

和食の食べ方

日本人なので和食というのはとても身近だと思います。
家でお母さんが作ってくれるごはんは、洋食も増えて来ているとはいえ、大半は和食が占めていると思います。
白いごはんを箸で食べるということも、和食です。
ですが、最近ではその箸を正しく持つということもできない人が多くなってきています。
理由のひとつは、まずはその親がきちんと持つ事ができていないため、子どもに正しい箸の持ち方を教えるということができないということがあります。
きちんと正しい箸の持ち方というのは、自然とできるようになるものではありません。
箸の持ち方というのはしつけが必要です。
そのしつけを、きちんと親から与えられたのかということが、その子どもやその後の子どもにまで影響してきます。
箸の持ち方というのは、一度癖がついてしまうと、大人になってからはなかなか改善するということができません。
そのため、子どものころのしつけが何よりも大切なのです。
和食の食べ方にはさまざまなマナーがありますが、基本は箸が正しく持つことができるということです。
その他のマナーというのは大人になってから学ぶことができますが、箸の正しい持ち方だけはできません。
どのように食べるのかというのは、どのように箸を持つのかということが大切なのです。

Copyright 2017 文字に見る品格 All Rights Reserved.