文字に見る品格

お礼の手紙を書くということ

最近では携帯電話やパソコンなどから気軽に手軽にメールを送ることができます。
友達などでは、電話で話しをするよりもメールでコンタクトをとるという方が多いという人は増えているのではないでしょうか。
普段のちょっとした連絡であればメールで良いと思いますが、たとえば、何かのお礼を伝える際などは、きちんとした手紙を書くということがよいと思います。
自分は文字が下手だから、なるべく書きたくないという人もいると思います。
文字にコンプレックスを持っているという人は多く、それが原因で自筆の手紙というのは苦手であるという人は多いです。
たしかに、文字が美しいというのは良いことです。
ですが、必ずしもそうでなくてはいけないということはありません。
手紙というのは、書いた人の息づかいが見えるというのが最大のメリットです。
印字された文字というのはとても読みやすいですが、そこには書き手の息づかいというものは見えません。
つまり、あたたかみがないということです。
マナーとして、お礼の手紙くらいは自筆で書くべきだという考えだけではなく、もらった立場として考えてみても、やはり手書きの手紙というのが喜ばれると思います。
文字に自信がなくても、その気持ちがとても大切なのだと思います。

Copyright 2017 文字に見る品格 All Rights Reserved.