文字に見る品格

最優先はマナーのシーン

いまの時代に、各自が思うように行動すればそれでいいと考える人も増えているのですが、何らかのパーティーや結婚式に呼ばれる際には、主役である方たち、主催者、親族などに対する配慮の意味も込めて、しかるべきマナーを守ることは社会人として当然必要になってきます。
ご祝儀から香典に至るまで、さまざまな準備を擁するものもあれば、当日の服装について、式典にふさわしい格好をすることが求められる場合もあります。
ここでは結婚式に招待された場合の女性に関して、一般的にいまでも通用するドレスコードについて少しお伝えしたいと思います。
まず、大前提として結婚式当日には、新婦だけに許される色として白色があります。
つまり、出席者が白を基調とした色のドレスをまとって出席することは眉を顰められる習慣となります。
さらに、極端に露出度の高い服装も、やはり人目を引いて新婦よりも目立ってしまう可能性があるので注意が必要です。
結婚式に出席する際には、可能な限りのおしゃれを楽しみたいという気持ちがあるかもしれませんが、マナー第一で考えることによって、場の雰囲気にふさわしい装いを楽しむことができます。
自分では気づかない点で他の人を不快にさせることがないように意識をしていく必要があります。

Copyright 2017 文字に見る品格 All Rights Reserved.