文字に見る品格

招待状を受けたときのマナー

必ず出席すると口頭で約束していても、いざ日時が知らされると、どうしても出席できないことがわかる場合があります。
そのような時に、案内状に対してどのように挨拶をして欠席を伝えるかということが、大人としてのマナーが関係してくる分野になります。
一番スマートなのは、結婚式などの案内状を受けとって、出席が不可能であることが確定した時点で電話などを通して一報を入れることです。
それでも、相手に与える印象として、案内を受け取ったすぐに「出席できない」という報告をすると、最初から出席する意思がないと思われてしまう可能性があります。
そこで、ふさわしい段階としてまず「出席できない可能性がある」ということを伝えて、後日「やはり出席できない」ということを告げる必要があります。
しかし、口頭で挨拶することによって返信の義務がなくなるわけではないので、しっかりと返信のハガキを差し出すようにしてください。
いまでも会場に電報を送ることが一つの礼儀になっているので、欠席の場合は予め電報を手配しておくことも忘れないでください。
招待する方も、招待される方も、気持ちよくお互いに接するためには、最低限のマナーを双方が示すことが大切になってきます。

Copyright 2017 文字に見る品格 All Rights Reserved.