文字に見る品格

マナーとは何か

よく最近の若者は行儀が悪いなどということを聞きますが、時代が変われば常識も変わり、昔は当たり前だったことが今では非常識とされたり、昔はありえかったことが今では常識となったりすることもあります。
マナーにはルールが決まっているものもありますが、国や宗教の違い、文化、歴史などの違いによって基準が異なるため、日本では常識とされているマナーがある国では絶対にやってはいけないマナーとなっていることもあります。
つまりマナーとは、決められたルールを守ることがすべてではなく、見ている人が不愉快に感じない所作のことであり、郷に入っては郷に従えという心持が必要なのです。
正しいマナーが身についている人は、立ち振る舞いなどが自然で動きがとてもスマートに見えるものです。
公共の場所でマナーを守ることばかりを考えていると動きが不自然になり、周囲に迷惑をかけてしまうこともあります。
普段から周囲に対して思いやりの心を持ち、何事にもスムーズに振舞える人は仕事においても、プライベートにおいても「できる人」と思わせます。
特に、ビジネスマナーやテーブルマナー、冠婚葬祭のマナーなどは守られていないと恥をかく事もあり、知らないでは済まされないこともあるので気をつけましょう。

Copyright 2017 文字に見る品格 All Rights Reserved.