文字に見る品格

ビジネスマナーを学ぶ

社会人として最低限のビジネスマナーを身につけておくのは必要なことです。
入社の面接に始まり、挨拶の仕方、取引先との名刺交換、ビジネス文書の書き方、様々な場所での上座の位置など、知っておかないと仕事に影響が出ることも少なくありません。
就職前の知識として学校で教えるところもありますが、身につくほどではないため、就職してからビジネスマナー講座などで学ぶ人もいます。
マナーの中にはエレベーターや車に乗るときの位置やお茶の出し方一つとってもルールが決まっており、新人だから知らなかったでは済まされないこともあります。
ビジネス文書の書き方や封筒などの表書きなどについては、文例集などを掲載したインターネットサイトもあるので、その都度参考にしても良いでしょう。
よく仕事をしながら覚えていけばいいと思っている人がいますが、取引先にマナーを欠いた文書を送ったり、相手を不愉快にさせたりしては業務に支障が出ることもあるので、最低限のものは入社前に身につけておきましょう。
秘書検定の資格を取得するには秘書としての技能だけでなく、マナーに関することを多く学ぶ必要がありますし、ビジネスマナー検定というものもあるので、関係ない資格だからと言わずに男女を問わず勉強してみてもよいかもしれません。

Copyright 2017 文字に見る品格 All Rights Reserved.