文字に見る品格

表書きのマナー

普通に暮らしていてしょっちゅうはないけど、避けることができないというものが冠婚葬祭のお付き合いです。
中でもご祝儀や香典の表書きといったものは滅多に書くものではないため、ついついマナーを忘れがちです。
そこで適当にしてしまうと、相手に対して失礼に当たることもあるので注意が必要です。
基本は筆書きで、慶事は濃墨、弔事は薄墨です。
送り主の名前はフルネームで、連盟の場合目上の人を中央に書いて、その左側に順に名前を書いていきます。
4名以上の連名は、代表者の名前を書き左側に外一同とするか、部署名などグループ一同とするとよいでしょう。
夫婦連名の場合は、夫の名前をフルネームで中央に書き、左側に妻の名だけを書きます。
もし、贈る相手の名前を書く時は、左上に相手の名前を入れます。
のし袋の裏側もしくは中袋にも住所、氏名、金額を書きますが、金額の数字は旧漢字を用いるのが正式です。
また、水引の選び方も大事です。
弔事をはじめ、結婚や全快祝いなど2度目がない方がよいものは結び切り、何度あってもよい祝い事は花結び(超結び)を選びます。
色も金銀や赤白、赤金、藍銀、黄銀など、用途や地方によっても違うため、その都度調べたほうが間違いないかもしれません。

Copyright 2017 文字に見る品格 All Rights Reserved.